高年出産ハハゆるゆるの、22時は深夜なの。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日帰りで、ちょっと浜松までB 石松餃子でお昼ごはん

<<   作成日時 : 2013/06/06 14:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

中田島砂丘を後にして、いよいよ本日のメインイベント、
餃子屋さんへ向かうのだ〜♪

事前リサーチほとんどナシで行き当たりばったりの旅をしている
今回の私たちだけど、餃子屋さんだけはリサーチしてきたw
このブログにも何度か書いてるけど、
私、ほんっと〜〜〜ぉに餃子が大好物なのでね。
浜松出身の旦那さんを持つ友人に、前日の夜メールして
「浜松で餃子食べるならどこ?」と尋ねておいたの。
片や、夫は夫でネットでちょっと調べていたみたい。

その結果、出発前の時点で既に、ランチには「浜松餃子の元祖」
とも言われる超有名店、石松餃子さんに行くことに決めていた私たち。
友人の旦那さんのご実家からお近くらしく、いつもこの店に
行っているということだったので。
もう1軒、近くにある孫悟空さんも評判いいらしいと教えられていたので、
ハシゴ出来たらしてもいいな〜と妄想もしていた。

浜松浜北インターを下りて最初に行ったのが、そういうわけで
石松餃子さんの本店。
でも、開店が11時となっていたので、中田島砂丘に行った・・・
というのが前回までのお話。

が、実は、中田島砂丘からは、同じ石松さんでも本店より
「北島店」の方が近そうだったので、そちらへ向かったのね。
ところが、11時過ぎに到着したら、まだ準備中で。
なんと、こちらは11時半開店だったの
やはりリサーチ不足。

人気店だから30分開店待ちするのもアリかなぁとも思いつつ、
既に開店しているはずの本店もそう遠くないので、
イチかバチかで向かってみた。

まったく余談だけど、途中、遠鉄に遭遇♪

単線に2両編成のかわいらしい赤電車
画像


すいませんね、私、ごく軽〜〜〜い鉄子なんで。

11時20分ぐらいに本店に到着したら、駐車場にはまだ空きがあった。
よっしゃ〜♪
他県ナンバー車、さすがに結構多かったよ。
ウチもだけど。

石松餃子 本店の外観
画像



勇んで入店すると、待ち時間ナシで座敷席につくことができた!
もうちょっと遅かったら待たされてたはずなので、ラッキーだ。

さて、フードメニューはこんな感じ。

餃子(単品または定食)とみそホルモンとトマトだけ
画像


メニュー表には「普段よりメニューを減らしてる」と書いてあったけど、
まったく問題ないっす。
余計なメニューいらないもん私。
餃子食べに来てるんだから、餃子があればいいもん私。
なんならご飯とお味噌汁だって無くていい。
餃子だけ、何個でも何十個でも食べたいんだ私は。

ってことで、メニューの写真だけじゃサイズ感やボリュームが
よくわからないので、とりあえずみそホルモン1皿と
餃子の大(20個入り)1皿を単品で注文。
私は自分だけで20個イケる気がしてた(根拠ナシ)けど、
ウチは夫が基本的にケチなので、こういうとき慎重なんだよな。

まずみそホルモンから。

画像


私は内臓苦手なので、夫とちびゆるで食べてた。
ちびゆる、何度も「おいしいよ。おかあさんも食べて。」って
言ってくれるんだけど、すいません、カンベンしてください。
下のキャベツだけいただいときます。
味噌ダレうま。

そしてお待ちかねの餃子。

写真撮る前のわずかな隙に、夫に1個食われた
画像



ここは、タレもオリジナルだというので、
タレと一緒に写そうと思って準備してる間に食われてしまった。















だいたいさ、

お前らホルモン食ってんだから、

餃子は私に譲れやーっ





と、心の中で思いっ切り叫びながら、急いで撮影。

画像


見た目はテレビで何度も目撃した通り、
丸く焼いてあって真ん中に茹でたもやし。
「サイズ中(15個)」以上で、丸く焼いてくれるらしい。
勝手に想像していたより、全然小ぶりでちょっとびっくり。
これならやっぱり私、1皿イケたなぁ。
定食にしててもイケてたと思う。

そして、食べてさらにびっくり。

・・・なにこのふわふわっ!?

とにかく、中の具がふわっふわでやわらかいの。
夫が「ホンマに肉入ってるか?」と疑ったほど。
いや、どう見ても入ってるやろ。
ともかく、私が家で作ったら絶対に出せないふわふわ感。

そして皮もとても薄いの。
と言って、パリパリ餃子(・・・も、キライではないが、
どうも食った気しないので、正直あまり好みではない)
みたいな感じとは違くて。
焼き目のところはそれなりにややパリッとしてるけど、
それ以外はもっちりしてる。

ふわふわの具と薄い皮、そして薄めの味付けで、
とにかく軽い!
オリジナルのタレは、通常の酢醤油よりもかなり甘くて、
しかも酸味が控えめなんだけど、
それもまたこのあっさりめの餃子には合うんだろうね。
あ、ここ、ラー油も美味しかった。

餃子だからどうしても油っぽさがあって、
しかもお酢のさっぱり感が圧倒的に足りないなぁと思うところで、
もやしの出番なわけだね。
茹でただけのシンプルすぎるシャキシャキもやしが、
確かに口直しにちょうどいい。
浜松餃子、なんでもやし?
ってずっとフシギだったんだけど、こういうことだったのか。

おかげで、この餃子、いくらでも食べられるわー、私。

大好きな、宇都宮のみんみんさんの餃子とは、全然違うけど、
違いすぎて甲乙はつけ難いなぁ。
どっちも美味しい!

・・・ということで、おかわり!!

私はひとりでもう1皿イケると言っているのに、
案の定、夫は1皿しか追加注文してくれなかった。
そして、夫もちびゆるも、ホルモン食べたくせに
やっぱり餃子を特に譲ってくれなかった。

私はもうちょっと食べたかったけど、このお店、回転速いし
待ってる方も結構おられたので、ここで泣く泣く退場。

リアルにもっと食べたかったー。

仕方ないので、最終手段として孫悟空さんへのハシゴを
車内で提案してみるも、あっさり却下される。
「オレ、もうえぇわ。」

















そりゃそうだろ!

お前らはホルモンも

食べたんだからなぁっ!


口に出すとケンカになるので、心の中で叫ぶ。
しつこい?


あぁ無念!!

また行くぞ絶対。
待ってて石松さん!
孫悟空さんも!

・・・もちろん取り寄せるという手もあるんだが、
自分で焼くというのが、とても心配だ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日帰りで、ちょっと浜松までB 石松餃子でお昼ごはん 高年出産ハハゆるゆるの、22時は深夜なの。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる